ライフサイエンス英語コース



  • 生命科学系の大学生・大学院生のための英語コース
  • 論文を速く正確に読む力を養成
  • 本物の論文素材で効率よく語彙を習得
  • 発表、ディスカッションで役立つ表現を会得
  • 音声による演習を豊富に収録、反復練習に最適
論文読解 学習時間の目安:40-60分(確認テスト30~40分)
ユニット数:30(通常25、確認テスト5)










【英語論文読解のポイントを学ぶ】

論文を速く、正確に読めるようになることを目標に、5つの分野について本物の論文を読みながら学習を進めます。論文構成の中心となる5つのセクションから英文を抜粋し、それぞれの特徴にしたがって英文の読み方を学びます。
復習のための「確認テスト」も用意されています。

Step1 First Reading
 英文を読み、リーディングスピードを測ります。

Step2 Reading Practice
 素早く構文を把握して英文を読む速読練習をします。

Step3 Phrases & Explanations
 読解の鍵となる語句や表現の解説を読み、理解を深めます。

Step4 Quiz Time
 Step3の内容を中心に、問題演習を行います。

Step5 Review
 英文、日本語訳、注釈を確認し、学習の総まとめをします。

<確認テスト>
5ユニットを終了するごとに、確認テストが用意されています。

確認テストには Expressions、Composition、Sentence Structure の3つがあり、どの問題からでも解答することができます。

解答後すぐに問題の正誤や学習者の弱点、今後の学習方法などが表示されます。

使えるフレーズ集 学習時間の目安:20-30分
ユニット数:12








【使えるフレーズで「聞く・話す」の練習をする】

学会での発表や質疑応答、パーティーで使える表現まで、9つの場面別に役立つフレーズを集めました。聞き取り、発話練習を繰り返し行い、実際の現場で「使える表現」を増やしていきます。

Step1 First Listening
 英文全体を聞き、Keyword を確認します。

Step2 Dictation
 音声を聞いて、英文の空所に単語を入力します。

Step3 Quiz Time
 英文の理解度を問う問題に取り組みます。

Step4 Repeating
 音声を聞き、リピーティングやシャドーイングを行います。

Step5 Review
 英文、日本語訳、注釈を確認し、学習の総まとめをします。



語彙 学習時間の目安:20-30分
ユニット数:96(Word Match 83、Spell Out 13)









【専門語彙の基礎を固める】

157例文、120万語のコーパスデータをもとに、頻出順上位の延べ830語を抽出。

英語→日本語、日本語→英語、聞き取り、スペルアウトなど、様々な演習によって、重要語句をしっかりと身につけます。